ホーム > Q&A・よくあるご質問

Q&A・よくあるご質問

※Q(質問)のタイトルをクリックすると、A(回答)が表示されます。

ボトル・マグ・ジャグ等に関するご質問

熱いお茶を入れたら、お茶が変色しましたが、なぜですか?何か溶けだしたものですか?そのお茶を飲んで人体に影響はありませんか?
お茶(緑茶・ウーロン茶・紅茶など)は高温に保ちますと、お茶に含まれている成分のタンニンが酸化して変色する性質があります。真空2重構造のステンレスボトル類では常にお茶を高温の状態で保持するため、タンニンの酸化が熱により促進されますので、通常のお茶よりも濃い色に変色してしまいます。真空2重構造で保温効力があるために起こる現象であり、商品の品質が悪いことや何かが溶け出したものではありません。
お茶の成分であるタンニンが酸化したものでありますので、人体に害はありませんが、風味も低下しますのでお早めにお飲みください。
おいしくお召し上がりいただくためにも、お湯のみを入れて、お飲みになられる際はティーパックなどのご利用をおすすめします。
保温(保冷)が効いていないようですが故障ですか?
保温(保冷)が効かない原因としまして、下記が考えられます。
  • 飲み物が十分に熱く(冷たく)ない。
    熱い(冷たい)飲み物を入れてください。また、あらかじめ本体内側に熱湯(冷水)を入れて予熱(予冷)しておくと効果的です。
  • 飲み物の量が少ない場合。
    飲み物の量を多くしますと保温(保冷)が効果的です。
  • 本体が凹んでいる場合。
    本体が凹みますと真空2重構造が損なわれて、保温(保冷)が効かなくなる恐れがあります。この場合、修理はできませんので、保温(保冷)効力を回復することはできません。
  • 本体外側に飲み物の温度が伝わる(外側が熱くなる、結露する)場合は、真空2重構造が故障している可能性があります。
    本体が凹んでおらず、購入後間もない場合は、お問い合わせフォームからご相談ください。購入店名や購入日も合わせてお願いします。
本体を振ると「カシャカシャ」音がしますが大丈夫でしょうか?
A.保温(保冷)効力を高めるために本体内部に金属箔が入っております。そのため、本体を振った場合、金属箔がこすれて音がしますが、異常ではありません。
飲み物が漏れてくるのはなぜですか?
栓(ふた・中栓)が確実に閉まっていますか。パッキンが正しく取り付けられていますか。複数のパッキンがついている場合は、全てのパッキンが正しく取り付けられているか取扱説明書をご確認ください。
パッキンの消耗による漏れの場合、パッキンを交換することで漏れなくなります。パッキンが消耗している場合は交換してください。また、漏れはパッキン以外の栓(ふた・中栓)の破損が原因の場合もありますので、破損がないかご確認いただき、破損している場合は、別売りの交換部品をお買い求めください。
なお、部品を交換されても漏れが改善されない場合は、お問い合わせフォームからご相談ください。購入店名や購入日も合わせてお願いします。
本体の底についているシールをはがしてはいけないのはなぜですか?
本体の底には微小な孔が開けてあります。これは真空にするための製造上不可欠な孔です。丸洗いできない商品にはこの孔があり、シールで保護しております。シールをはがしますと穴から水が浸入し、内部を腐食させて真空2重構造が損なわれ、保温(保冷)効力が維持できなくなります。
また、シールには商品品番も記載されておりますので、シールは絶対にはがさないでください。
入れてはいけない飲み物はありますか?
次の飲み物は絶対に入れないでください。
  • ドライアイス・炭酸飲料
    内圧が上がり、栓(ふた・中栓)が開かなくなったり、飲み物が吹き出す危険があります。
  • 牛乳・乳酸料・果汁など
    成分が腐敗や変質したり、異臭の原因になります。また、そのまま長く放置されますと、ガスが発生して内圧が上がり、栓(ふた)が飛んだり、飲み物が吹き出す原因となって危険です。
  • みそ汁・スープなど塩分を多く含むもの
    本体内側はステンレス鋼を使用しておりますが塩分によりさびる原因になります。
  • お茶の葉・果肉など
    隙間に詰まったり、漏れる原因になります。
  • 日本酒などのアルコール
    ガスが発生して内圧が上がり、栓(ふた・中栓)が飛んだり、飲み物が吹き出す原因となって危険です。
スポーツドリンクは入れてもいいですか?
スポーツドリンクに含まれる塩分は微量のため、本体に入れて使用できますが、ご使用後は早めに十分にお手入れ してください。スポーツドリンクに限らず、飲み物の成分が残ったままではステンレス鋼がさびて、保温(保冷)効力の 性能低下の原因になることがあります。ご使用後は早めに中性洗剤を含ませたスポンジやブラシできれいに洗い、よく 洗い流して、十分に乾燥させてください。
本体内側をきれいにする方法は?
中性洗剤で汚れが落ちない場合は、本体に食酢を約10%加えたお湯を入れ、栓(ふた・中栓)をしないで約30分放置した後、スポンジやブラシで本体内側をよく洗ってください。洗い終わった後は、食酢が残らないように流水でよく洗い流してください。赤さび状の斑点や水あかにも効果的です。
「保冷専用」とありますが、温かい飲み物は入れてはいけませんか?
保冷専用ボトルは本体を傾けますと飲み物がたくさん出てきます。また、飲み口から直接飲用しますので、熱い飲み物が口内に入りますと喉を火傷する原因になります。そのため、保冷専用とさせていただいております。
常温の飲み物であれば入れていただいても構いません。
保冷専用ボトルの栓に水滴が付くことがありますが、飲み物が漏れているのでしょうか?
製品の構造上、冷水と外気温の温度差により、栓の表面が結露して水滴が付く現象です。漏れではございません。
ボトルを横にされると冷水が栓内側を冷やすため起こりやすくなります。万一の漏れを防ぐためにも、必ず縦置きでご使用ください。
食器洗い機や食器乾燥機に入れてもいいですか?
食器洗い機・食器乾燥機には使用しないでください。熱によりプラスチック部品が変形する原因になります。また、本体内部に水が侵入して内部を腐食させる原因にもなります。
栓(ふた・中栓)が開けにくくなったり、ボタンを押すと飛び散ることがありますが、なぜですか?
お湯の温度により内部空間の空気が膨張して内圧が上がり、栓(ふた・中栓)が開けにくくなります。また、内圧が上った状態でボタンを押して開栓されますと、急激な減圧作用が働いて、注ぎ口から蒸気や水分が飛び散る原因になります。特に沸騰直後のお湯を入れられますと起こりやすくなりますので、栓(ふた)を閉めた後すぐにゆるめて内圧を抜き、閉め直してください。
冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷やしてもいいですか?
冷蔵庫や冷凍庫に真空2重構造のボトル類を入れましても、温度が飲み物に伝わらないため、入れても効果はありません。